飲むだけじゃない甘酒飲むだけじゃない甘酒

甘酒は、飲むだけじゃもったいない?!

日本で古くから親しまれている「甘酒」。大きく分けると「米こうじを使って作る甘酒」と、「酒粕を使って作る甘酒」の2種類があります。

甘酒とは~米こうじ

米こうじを使って作る甘酒

「米こうじ」とは、麹菌を蒸した米にふりかけて増やしたもので、この「米こうじ」に水、炊いた米またはおかゆなどを混ぜて発酵させたものが「米こうじ甘酒」です。
米こうじの持つ酵素が発酵の過程で、米のデンプンを糖化させるので、砂糖を使わなくても自然な甘みが生まれます。

甘酒とは~酒粕

酒粕を使った甘酒

「酒粕」とは、日本酒を作る工程でできる「搾りかす」のことです。
米、米こうじ、水、酵母菌を混ぜて発酵させると「もろみ」ができ、もろみを絞ると、日本酒となる液体と、搾りかす(酒粕)に分かれます。
この酒粕を水に加えて溶かしたものが「酒粕甘酒」です。酒粕自体は甘くないため、お好みで砂糖などの甘みを加えるのが一般的です。



甘酒=飲むもの?

「甘酒は飲むもの」というイメージが強いかもしれませんが、「飲む」以外にも様々な料理に活用できます。
特に米こうじから作った甘酒は、発酵による自然な甘みと豊かなうまみがあり、煮物ドレッシングの材料に使ったり、肉や魚介類の漬け込み調味液として使ったりするのもおすすめ。料理に深みを与え、優しい味わいに仕上げます。

食べる甘酒

ケンコーマヨネーズの
「冷凍 食べる甘酒」

米こうじと米だけを使った、すっきりとした甘さの甘酒です。
米の粒感を残し、適度な粘度があるため、ドリンクだけでなく、料理にも使いやすいのが特長です。

→ 冷凍 食べる甘酒の購入はこちら