「キャンプ飯」を楽しみたい方必見! 簡単に作れるおすすめレシピをご紹介

「キャンプ飯」を楽しみたい方必見! 簡単に作れるおすすめレシピをご紹介

キャンプなどのアウトドアシーンにおける醍醐味のひとつが、「キャンプ飯(キャンプ料理)」です。普段とは異なるシーンで食べる料理は、何倍もおいしく感じられます。
しかし、キャンプ場は自宅と異なり不便なことも多く、キャンプ初心者の方は段取りに手間取ったり、どんな料理を作れば良いのか悩んだりすることがあるかもしれません。キャンプの経験が豊富な方は、メニューがマンネリ化し、新しいレシピにチャレンジしたいと思っていることもあるでしょう。
ここでは、キャンプ飯を時間をかけずに作るためのポイントや、手間なくおいしく作れるおすすめレシピをご紹介します。


キャンプ飯は事前準備がポイント

一般的に、キャンプ場は自宅ほどの調理環境が整っていないことが多いです。使える食材や調理器具が限られるうえに、テントの設営などにも時間がかかります。極力手間を省くことが、キャンプ飯をスムーズに作るためのポイントです。

具体的なポイントを、5つご紹介します。

作るメニューを決めておく

キャンプ当日に何を作るのか考えるのではなく、事前にメニューを決めておきましょう。必要な食材や調味料、調理器具を前もって揃えられるので、当日スーパーで食材を購入できなかった、調理器具や調味料がなくて作れなかったなどの事態を防げます。


また、キャンプ当日に食材を購入する場合でも、必要な材料が決まっていれば買い物にかかる時間を短縮できるでしょう。


しかし、工程が多く時間がかかる料理をキャンプ場で作るのは、事前にメニューを決めていても難しいです。できるだけ手間がかからず、簡単で作りやすいメニューにすることをおすすめします。

食材を下ごしらえしておく

食材を洗ったり切ったり、下味を付けるといった下ごしらえは、キャンプ場では何かと時間がかかります。野菜くずなどのゴミが出る、洗い物の量が増えるなど、片付けの手間がかかる点もデメリットです。

食材を切る、下味を付けるといった仕込み作業は自宅で済ませておきましょう。

調理にかかる時間を減らせるので、キャンプ場での外遊びや焚き火に使える時間を増やせます。

レトルト食品や缶詰を使う

インスタント食品や缶詰など、市販のアイテムを活用するのもおすすめです。あらかじめ味付けされている商品をアレンジすれば、少ない調味料でも簡単においしいキャンプ飯を作れます。

キャンプ場に持って行く荷物の量を減らせるので、ツーリングキャンプなどの、荷物が限られがちなシーンで便利です。


自動車でキャンプ場に向かう、グループキャンプでアイテムをシェアできるなど、荷物に余裕がある場合は、スパイスボックスなどのアイテムを用意して調味料を持って行くのも良いでしょう。料理の幅をより広げることができます。

アウトドア用の調理器具を活用する

メスティンやスキレット、ダッチオーブン、シェラカップ、ホットサンドメーカーなど、作りたい料理に合わせてアウトドア用の調理器具を用意しておくのもおすすめです。家庭用の調理器具よりコンパクトで持ち運びやすいうえに、活用の幅が広くさまざまな料理に使えます。


アウトドア用の調理器具なら、食器としてそのままテーブルに並べてもおしゃれなので、アウトドアらしい雰囲気を楽しむこともできます。

また、アウトドア用の調理器具には、煮る、焼く、蒸すなど、1つでさまざまな料理を作ることができるものが多いです。メニューの幅を広げながら、持ち運ぶ荷物の総量を減らせる点も、アウトドア用の調理器具を用意するメリットです。

食材の保管にも注意

アウトドアシーンでの食事を楽しむ際は、冷蔵で保存する必要がある食材の保管方法にも注意が必要です。基本的に、キャンプ場で冷蔵庫などの電化製品を使える場所は限られています。

保管方法が悪いと、食材が傷んで食中毒などにつながるおそれがあり危険です。


クーラーボックスと保冷剤を活用して、食材をしっかり保冷することを心がけましょう。

凍らせた食材や飲み物を保冷剤代わりに使うと、持ち帰るアイテムを減らせて便利です。

簡単でおいしいキャンプ飯のおすすめレシピ

ケンコーマヨネーズの商品を使えば、簡単においしいキャンプ飯を作ることができます。

ここからは、ケンコーマヨネーズの商品を使って簡単に作れる、おいしいキャンプ飯レシピの例をご紹介します。

温めるとスパイスが香る「ジャーマンカリーポテト」は、袋から出すだけ!スキレットなどに入れて、チーズをのせてバーナーで香ばしく炙るだけの簡単メニュー。お酒が進む味わいです。


『炙りチーズのジャーマンカリーポテト』の詳しいレシピはこちら

スペアリブを、スパイシーでコクがある「テキサススタイルバーベキューソース」になじませて焼くだけの、お手軽なメニューです。キャンプ場で味付けをする必要がないので、調理の手間が省けて、調味料を持って行く必要もありません。


『BBQスペアリブのレシピ』の詳しいレシピはこちら

ホットサンドメーカーで旨味を閉じ込めたいか焼き。味付けはガーリックバターソースとしょうゆのみでお手軽! 香ばしい香りが食欲をそそります。


『いか焼きガリバタ』の詳しいレシピはこちら

コーンとガーリックバターソースで作る、鉄板のおつまみメニューです。ソースに絡めて温めるだけで完成するので、手軽に作ることができます。


『ガリバタペッパーコーン』の詳しいレシピはこちら

肉まんも、バターソースを加えてホットサンドメーカーで焼き上げれば、いつもと一味違うおいしい1品に仕上がります。小腹が空いたときにもおすすめです。


『バター香る肉まん』の詳しいレシピはこちら

ガーリックの香りとたまりしょうゆのコクが食欲をそそります。ホットサンドメーカーを活用することで、ふっくらと香ばしく焼きあがります。


『極うまガーリック焼きおにぎり』の詳しいレシピはこちら

食べ応え満点で、子どもから大人まで楽しめます。ジューシーな豚バラ肉とハニーマスタードソースの相性が抜群です。


『豚バラの肉巻きポテサラ』の詳しいレシピはこちら

チャーハンにのせるだけ! 八角が香る甘辛い味わいを楽しめる、簡単で豪華な1品です。


『ルーロー炒飯』の詳しいレシピはこちら

オイスターの旨味をきかせたソースで味付けが決まる、お手軽な焼きそばです。カット野菜を使えば、食材を切る手間が省けます。


『具だくさん醤油焼きそば』の詳しいレシピはこちら

鯖缶1つで作れる、具だくさんの炊き込みご飯です。ガーリックの香りと鯖の旨味を楽しめます。


『ガリバタ香る 鯖の炊き込みご飯』の詳しいレシピはこちら

鯖缶をソースごと使った、バター風味がおいしいペペロンチーノ風のパスタです。鯖の身を加えているので食べ応えもあります。


『メスティンで作る 鯖のペペロンチーノ風パスタ』の詳しいレシピはこちら

トマトの旨味とスパイスをきかせたカリーケチャップ味で、大人から子どもまで楽しめるレシピです。ボリューム満点の食べ応えも魅力です。


『メスティンで作る 鯖のカレーナポリタン』の詳しいレシピはこちら

アボカドやマグロと「旨辛コチュジャンソース」を絡めるだけで完成! おつまみに最適な簡単レシピです。


『コチュジャンソースで絶品!旨辛マグロユッケ』の詳しいレシピはこちら

オイスターの旨味がきいた「ハワイアンポキソース」で和えれば完成の、お手軽なおつまみメニューです。気分に合わせてコチュジャンソースと使い分けるのも良いでしょう。


『コク旨!マグロユッケ』の詳しいレシピはこちら

ホットサンドメーカーで香ばしくカリッとあんまんを焼き上げたレシピです。バターソースのコクが加わり、おいしく仕上がります。


『バター香るあんまん』の詳しいレシピはこちら

サクサクしたパンと、中のもちもちした団子の食感を楽しめるホットサンドです。バターソースをかけることで、味に深みが出ています。


『あん団子のホットサンド バター風味』の詳しいレシピはこちら

簡単でおいしいキャンプ飯を楽しもう

キャンプの際は、多くの荷物を持ち運ぶ必要があります。日頃家庭で使っている調理道具やたくさんの食材を用意するのは、難しいかもしれません。

キャンプ飯を気軽に楽しむために、味付けなどの下ごしらえは事前に済ませておき、手軽に作れる料理からはじめてみてはいかがでしょうか。


また、レトルト食品や缶詰を活用するのもおすすめです。市販の商品を使えば、調味料をたくさん用意しなくても、手軽においしい料理を作ることができます。


キャンプをより楽しみたい方は、ご紹介したポイントも参考に、ケンコーマヨネーズの商品を使っておいしいキャンプ飯作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。