大豆ミートとは? 魅力やおすすめのレシピをご紹介

大豆ミートとは? 魅力やおすすめのレシピをご紹介

近年、テレビ番組やスーパーの食料品売り場で「大豆ミート」と呼ばれる食品を見かける機会が増えてきています。しかし、実際に食べたことがない方や、どのような食品なのか知らない方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、大豆ミートとはどのような食品なのかをはじめ、大豆ミートの魅力やケンコーマヨネーズがおすすめするレシピについてご紹介します。

大豆ミートとは?

大豆ミートとは、主に油分を絞った大豆に熱や圧力を加えて乾燥させることで、お肉のように見立てた加工食品です。大豆たんぱく、大豆肉などと呼ばれることもあります。

従来は、ベジタリアンやヴィーガンといった菜食主義の方向けの食品というイメージが強かった大豆ミートですが、近年は健康食として、女性や健康志向の強い方からも人気を集めています。

下味をつけたものなら大豆特有の香りも気にならないので、お肉の代用品として大豆ミートを主役にした料理を作るのもおすすめです。

大豆ミートの種類は3タイプ

市販されている大豆ミートは、水やお湯で戻してから使う「乾燥タイプ」が一般的ですが、使い勝手の良い「レトルトタイプ」や「冷凍タイプ」もあり、用途に応じた使い分けができるため便利です。

また、大豆ミートは形状も「ミンチ」「フィレ」「ブロック」の3タイプに分けられます。それぞれを料理に応じて使い分ければ、より肉に近い見た目や食感を楽しむことができるでしょう。

大豆ミートの持つ魅力

お肉の代替品というイメージが強い大豆ミートですが、通常の肉にはない数多くの魅力を持っています。ここでは、大豆ミートの栄養や特長など、その魅力をご紹介します。

大豆ミートは高たんぱくで低脂質

大豆は畑のお肉と呼ばれることがあるほど、高たんぱくな食品です。さらに、大豆ミートは製造過程で油分を取り除いているため、脂肪の含有量が少なく低カロリーです。

ノンコレステロールでポリフェノールが含まれる

大豆にはコレステロールが含まれていません。さらにポリフェノールの一種でもある「大豆サポニン」が含まれています。

ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富

ビタミンB群やビタミンEといったビタミンをはじめ、カルシウムやカリウム、鉄分のようなミネラルや、食物繊維が豊富に含まれています。

大豆イソフラボンも含まれる

女性ホルモン(エストロゲン)と分子構造が似ていることから、植物性エストロゲンと呼ばれる「大豆イソフラボン」が含まれています。

長期保存が可能で常備食にも

大豆ミートは、お肉と比べて長期保存することができます。お肉の場合は冷めると脂が固まってしまいますが、大豆ミートなら冷めても味が落ちづらいため、お弁当のおかずや常備食として用意しておくのもおすすめです。

大豆ミートを使ったおすすめのレシピ10選

大豆ミートを使えば、実際にお肉を使うのと同様の料理を作ることができます。ここからは、「ケンコーマヨネーズの『やさいと大豆ミート』シリーズ」を活用したレシピをいくつかご紹介します。日々の献立に、大豆ミートを役立ててみてはいかがでしょうか。

大豆ミートのボロネーゼパスタ

本来のボロネーゼはひき肉と野菜を炒めて作りますが、大豆ミートを使って美味しくヘルシーに仕上げます。パスタを茹でるだけとお手軽ながら、食べ応えのある料理です。


⇒『大豆ミートのボロネーゼパスタ』の詳しいレシピはこちら
https://www.kenkomayo.com/pro/g/grecipe35716-002/

やさいと大豆ミートのキーマカレープレート

れんこんやパプリカなど、野菜をたっぷり使ったヘルシーなキーマカレープレートです。ひき肉の代わりに大豆ミートを使用して、十分な食べ応えをお楽しみいただける一品です。


⇒『やさいと大豆ミートのキーマカレープレート』の詳しいレシピはこちら
https://www.kenkomayo.com/pro/g/grecipe35718-001/

揚げなすと大豆ミートの旨辛そぼろ

大豆ミートを使った甘辛いそぼろを乗せた揚げなすです。食材はすべて植物性のもので仕上げています。


⇒『揚げなすと大豆ミートの旨辛そぼろ』の詳しいレシピはこちら
https://www.kenkomayo.com/pro/g/grecipe35756-002/

ピリ辛大豆ミートのせローディッドポテト

ローディットポテトとは、フライドポテトにソースや具材をのせた料理のことです。簡単ながら、ポテトフライが豪華な一品に変身します。コチュジャンや豆板醤の辛みが効いているので、ポテトフライの味を変化させたい際にもおすすめです。


⇒『ピリ辛大豆ミートのせローディッドポテト』の詳しいレシピはこちら
https://www.kenkomayo.com/pro/g/grecipe35756-006/

大豆ミートのカレーコロッケ

ひき肉の代わりに大豆ミートを使用して、コロッケを作ることもできます。カレー味の大豆ミートはお肉のような食感があり、ヘルシーながら食べ応えのあるコロッケです。


⇒『大豆ミートのカレーコロッケ』の詳しいレシピはこちら
https://www.kenkomayo.com/pro/g/grecipe32459-002/

大豆ミートそぼろの和風ドリア

ひき肉を大豆ミートに置き換えてドリアを作れば、脂肪分やカロリーを抑えて野菜がしっかりと摂れる体にやさしい食事に生まれ変わります。こちらのレシピでは、甘辛い大豆ミートの醤油そぼろを使用して、和風にアレンジ。一風変わったドリアを楽しめます。


⇒『大豆ミートそぼろの和風ドリア』の詳しいレシピはこちら
https://www.kenkomayo.com/pro/g/grecipe35756-005/

旨辛冷やしカレー担々うどん

お肉の代わりに大豆ミートで、食べ応えのある担々麺風の冷やしうどんです。カレールーで味付けしているので、いつもとは一味違う冷やしうどんを食べたい際におすすめです。


⇒『旨辛冷やしカレー担々うどん』の詳しいレシピはこちら
https://www.kenkomayo.com/pro/g/grecipe35885-005/

大豆ミートの麻婆豆腐

中華風に味つけされた大豆ミートを使用すれば、ヘルシーな麻婆豆腐になります。材料を混ぜて電子レンジで加熱するだけとお手軽なので、もう一品食卓に並べたい際にも便利です。


⇒『大豆ミートの麻婆豆腐』の詳しいレシピはこちら
https://www.kenkomayo.com/pro/g/grecipe35885-003/

大豆ミートの鶏そぼろ風おにぎり

大豆ミートを鶏そぼろに見立てて、鶏そぼろ風味のおにぎりを作るのも良いでしょう。ごまと生姜の風味が感じられる、甘辛い味付けが魅力のおにぎりです。


⇒『大豆ミートの鶏そぼろ風おにぎり』の詳しいレシピはこちら
https://www.kenkomayo.com/pro/g/grecipe35756-003/

大豆ミートのベジタブルタコライス

大豆ミートのタコスライスなら、お肉を食べられない方でも美味しく召し上がれます。野菜がたっぷり使われているので、ヘルシーながらボリュームがあり、満足感を得られる一品です。


⇒『大豆ミートのベジタブルタコライス』の詳しいレシピはこちら
https://www.kenkomayo.com/pro/g/grecipe35716-003/

大豆ミートで美味しく健康的な食事を

大豆ミートはお肉と似たような見た目や食感で、栄養価が高くヘルシーなのが魅力の食品です。食肉が苦手な方をはじめ、食事に気を使われている方でも安心してお召し上がりいただけます。

今回レシピでご紹介した『やさいと大豆ミート』シリーズは、4種類の味付けがされていて、そのまま使える手軽さも魅力です。美味しくヘルシーな大豆ミートを、食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。