ガリバタ(ガーリックバターソース)はやみつきになる美味しさ! おすすめレシピ12選

ガリバタ(ガーリックバターソース)はやみつきになる美味しさ! おすすめレシピ12選

ガーリック(にんにく)とコクのあるバターを組み合わせたガーリックバター味は、ご飯がどんどん進み、やみつきになるおいしさ! 料理初心者でも味が決まりやすく、ご飯のおかずやおつまみにもぴったりです。
ここでは、ガーリックとバターを使ってガリバタソースを作る際のポイントや、ケンコーマヨネーズの「ガーリックバターソース」を活用したおすすめのレシピをご紹介します。

ガリバタは料理初心者にもおすすめの味付け

料理を作るうえで、味付けはおいしさを左右する重要な工程です。いつも味付けが決まらない、醤油味や味噌味など同じ味付けが続いて飽きてしまった、などのお悩みを抱えている方は、にんにくとバターを効かせたガリバタ(ガーリックバター味)を試してみてはいかがでしょうか。
にんにくのパンチの効いた香ばしい香りと、バターのコクのある味わいで、ご飯のおかずやおつまみとしてもおいしく食べられます。鶏肉や豚肉などはもちろん、魚介類や野菜、エリンギのようなキノコ類など、多くの食材と相性が良いため、食材を選ぶこともありません。
炒め物や和え物、パスタなど、多くの料理に使える味付けなので、レパートリーを増やしたい料理初心者の方にも向いています。また、バターと相性が良い醤油を加えて「ガリバタ醤油」にするのもおすすめです。

ガリバタソースの作り方のポイント

料理初心者にもおすすめのガリバタ料理ですが、よりおいしく作るためにはいくつかポイントがあります。にんにくとバターを使ってガリバタソースを作る際のポイントを、2つご紹介します。

炒める際の火力に注意

にんにくとバターを使って1からガリバタソースを自作する際は、火力に注意が必要です。にんにくは焦げやすいうえに、焦げるとえぐみが出てしまいます。弱火から中火くらいの火加減でじっくりと炒めて、にんにくの香りを出すようにしましょう。
にんにくが焦げそうになった場合は、一緒に炒めている食材の上にのせる、フライパンから別のお皿に移しておくなど、火が通りすぎないようにするのが、おいしいガリバタソースを作るポイントです。

バターを入れるタイミングを工夫する

ガリバタソースを作る際は、バターを入れるタイミングに注意が必要です。バターは高温に弱く、熱しすぎると香りが飛んでしまいます。
手羽元のような火にかける時間が長めの食材をガリバタソースと合わせる際は、始めにサラダ油で食材とにんにくを炒めましょう。最後にバターを入れて絡めると、バターの風味が残ったおいしいガリバタ料理ができあがります。

ガリバタ料理にはさっぱりしたつけ合わせを用意しよう

ガリバタ料理は、ご飯やお酒が進むこってりした味付けになりがちで、くどさを感じてしまうことがあるかもしれません。
つけ合わせにはポン酢で味付けした料理やキャベツ、レタスのサラダなど、さっぱりとしたものがおすすめです。料理によっては、レモンのような爽やかな柑橘類を軽く絞って食べてみるのも良いでしょう。

ガーリックバターソースを使ったおすすめレシピ12選

簡単とはいえ、にんにくを焦がさないように炒めるのは案外手間がかかるもの。そこでおすすめなのが、ケンコーマヨネーズの「ガーリックバターソース」です。にんにくとバターを炒める手間がなく、加熱しても焦げにくいため、簡単にガリバタ料理を作ることができます。
また、岩塩をきかせているので、ガーリックバターソースだけで味付けが決まるのも魅力です。ガーリックバターソースを使った簡単レシピをご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

ガーリックフランス

ガリバタ料理の定番といえば、香ばしい香りが特徴のガーリックフランスでしょう。食べやすい大きさに切ったフランスパンの表面にガーリックバターソースを塗り、トースターで焼くだけ! 最後にパセリを振りかければ、彩りの良いガーリックフランスができあがります。
食パンにガーリックバターソースを塗って、ガーリックトーストにするのもおすすめです。

⇒ ガーリックフランスのレシピ

ちゃんちゃん焼き風味噌ラーメン

スープにガーリックバターソースを活用してパンチを足した味噌ラーメンです。トッピングには鮭やにんじん、もやしなどを添えて、北海道の郷土料理「ちゃんちゃん焼き」風に。野菜もたっぷりおいしく味わえます。

⇒ ちゃんちゃん焼き風味噌ラーメンのレシピ

いかのガリバタ醤油焼き

ガリバタと相性の良い醤油を使っていかを炒め、ガリバタ醤油焼きにするのも良いでしょう。ガリバタと醤油の香ばしい香りが食欲をそそり、おつまみとしても最適です。
添えたレモンを軽く絞れば、爽やかな味わいを楽しむこともできます。

⇒ いかのガリバタ醤油焼きのレシピ

ポテトとベーコンのガリバタ焼き

ガリバタと相性が良いじゃがいもを使った、ボリュームのあるレシピです。チーズやベーコンの塩味があるので、ワインなどのお酒にもよく合います。

⇒ ポテトとベーコンのガリバタ焼きのレシピ

ガーリックピラフ

ガーリックピラフも、ガーリックバターソースを使えばレンジでチンするだけで簡単に作ることができます。冷凍庫に残った冷やご飯を、手軽においしくアレンジできます。 お好みで醤油を少し垂らして、ガリバタ醤油味にアレンジしてみるのも良いでしょう。

⇒ ガーリックピラフのレシピ

あさりのボンゴレパスタ

にんにくとバターの風味が効いたボンゴレパスタも、ガーリックバターソースを使えば味付けに失敗することがありません。お好みでレモンをかけても、さっぱりとおいしくいただけます。

⇒ あさりのボンゴレパスタのレシピ

ガーリックチキンのカスクート

カスクートとはフランス語で「軽食」を意味する言葉です。日本では一般的に、バゲットを使ったサンドイッチを指します。 ケンコーマヨネーズのガーリックバターソースは冷えても固まらず、時間がたってもおいしく食べられるので、お弁当にも便利です。

⇒ ガーリックチキンのカスクート

あさりのホイル焼き~ガーリックバター風味~

アルミホイルにあさりなどの材料とガーリックバターソースを入れて、トースターで加熱するだけで作れる、お手軽なホイル焼きです。お好みで、仕上げに醤油をかけるのがおすすめ。

⇒ あさりのホイル焼き~ガーリックバター風味~

鶏肉のガリバタ焼き

鶏肉を使った、食べ応えがありご飯が進む定番のガリバタ焼きです。ガーリックバターソースだけで味が決まるため、簡単調理で完成します。 ジューシーなガリバタチキンと付け合わせのキャベツが相性抜群です。お好みでレモンをかければさっぱりといただけます。

⇒ 鶏肉のガリバタ焼き

グリル野菜と2種のアレンジガリバタソース

ガーリックバターソースを使ったディップソースは、野菜もおいしく食べられます。トマトケチャップを混ぜたりアンチョビを混ぜたり、調味料や具材を加える簡単なアレンジで、味のバリエーションが増やせます。お好みの野菜をグリルして、ディップしてみてはいかがでしょうか。

⇒ グリル野菜と2種のアレンジガリバタソース

ベジタブルポテトスティック

じゃがいもやパプリカ、ウィンナーなどを串にさして揚げた料理です。ワンハンドで食べられるので、バーベキューのようなシーンにも向いています。 じゃがいもをらせん状にカットし、見た目のインパクトがある1品です。

⇒ ベジタブルポテトスティック

ポテトとコーンのガーリック醤油ソテー

じゃがいもとコーンをガーリックバターソースと醤油で炒めた、香ばしさが食欲をそそるレシピです。缶詰のコーンとケンコーマヨネーズの「ベイクドスライスポテト」を活用すれば、包丁を使わずに作ることができます。 手間をかけずに料理を追加したいときにおすすめです。

⇒ ポテトとコーンのガーリック醤油ソテー

自分だけのアレンジガリバタレシピを作ってみるのもおすすめ

ガリバタは、コクのある風味と食欲をそそるにんにくの香ばしい香りが印象的な味付けです。しっかりした濃い味になるので、ご飯のおかずはもちろん、おつまみとしても活躍してくれます。
肉類をはじめ、魚介類や野菜など幅広い食材に合うので、今回ご紹介したレシピ以外にも、自分だけのオリジナルのアレンジを楽しめます。ガーリックバターソースを活用して、おいしいガリバタ料理にチャレンジしてみてください。

※「ガリバタ」はケンコーマヨネーズ株式会社の登録商標です。