マヨネーズでジューシーな鶏の唐揚げをつくろう!

マヨネーズでジューシーな鶏の唐揚げをつくろう!

「鶏の唐揚げ」を作ったとき、パサついたり、固くなったりしてしまうことはありませんか? そんなお悩みを解決できるのが「マヨネーズ」!マヨネーズを使うことで美味しくなる「鶏の唐揚げ」の作り方をご紹介します!

なぜマヨネーズを使うと美味しくなるの?

マヨネーズの主な材料は、油、卵、酢。マヨネーズに含まれる「油」は肉をコーティングしてパサつきを防ぎ、「酢」は、肉をやわらかくしたり、肉の臭みをやわらげたりします。 このような効果を持つ「マヨネーズ」を下味に使うことで、しっとりジューシーな唐揚げに仕上がるのです!

マヨネーズの効果でジューシーに!鶏の唐揚げの作り方

<材料>
(1~2人分)
  • 鶏肉(唐揚げ用)・・・250g
  • A 塩・こしょう・・・少々
  • A 鶏ガラスープ(顆粒)・・・小さじ1/2(1.5g)
  • A しょうが(おろし)・・・小さじ1(5g)
  • A にんにく(おろし)・・・小さじ1(5g)
  • A 酒・・・大さじ1(15g)
  • A しょうゆ・・・小さじ1(6g)
  • マヨネーズ・・・大さじ1・2/3(20g)
  • 揚げ油・・・適量
  • 小麦粉・・・大さじ2(18g)
  • かたくり粉・・・大さじ3(27g)


<作り方>
1.鶏肉にAの調味料を表記の順番にもみ込み、馴染ませる。
☆調味料を一つずつしっかりもみ込むことで、鶏肉に味が馴染み、美味しく仕上がります!
調味料を一つずつもみ込む|マヨネーズ活用!鶏の唐揚げ

2.マヨネーズを加えて全体に絡むように混ぜ合わせ、冷蔵庫に入れて30分程置く。
マヨネーズを絡めてから30分置く|マヨネーズ活用!鶏の唐揚げ

3.小麦粉を加えて混ぜ合わせる。
小麦粉を加えて混ぜる|マヨネーズ活用!鶏の唐揚げ

4.かたくり粉をまぶし、皮目を下にして160~170℃の油で5分程揚げる。
揚げる|マヨネーズ活用!鶏の唐揚げ

5.完成!
完成|マヨネーズ活用!鶏の唐揚げ

作り方を動画で見る(約1分)

“追いマヨネーズ”がおすすめ!

そのまま食べても十分美味しい唐揚げですが、マヨネーズをつける“追いマヨネーズ”がおすすめ!コクやまろやかさがプラスされて、よりリッチな味わいに。
追いマヨネーズ|マヨネーズ活用!鶏の唐揚げ

さらに、マヨネーズに調味料をお好みでちょい足しすれば、さまざまな味を楽しめます!
お好みの調味料を入れて追いマヨネーズ|マヨネーズ活用!鶏の唐揚げ

(↓写真上中央から しょうゆ、カレー粉、七味唐辛子、わさび、赤じそふりかけ)

追いマヨネーズアレンジ|マヨネーズ活用!鶏の唐揚げ

しょうゆで旨味と風味を、カレー粉でスパイシーさをプラスしたり、七味唐辛子やわさびでピリ辛にしたり、かりかり梅や赤じそふりかけで酸味をプラスしたり・・・いろいろ試して、お好みの味を見つけるのも楽しいですね。

“唐揚げの下味”や“追いマヨネーズ”に!おすすめのマヨネーズ

ケンコーマヨネーズ レストランの味
(500g/本)
卵黄タイプ。卵黄の風味がふわっと香り、コクのあるまろやかな味わい
欧風マヨネーズ
(1kg/本)
卵黄タイプ。マヨネーズの風味やタマゴのコクを活かしたいメニューに
ケンコーマヨネーズ プレーンタイプ
(1kg/本)
全卵タイプ。マヨネーズ特有のクセがなく、素材の風味や美味しさを活かすメニューに
グローバルマヨネーズ
(1kg/本)
卵黄タイプ。シンプルでクセがなく、他の素材のおいしさを引き立てる