【vol.1 バンクーバー】世界から愛される<寿司>の海外情報をお届け

World Sushi Letter vol.1 バンクーバー編

■寿司が海外で広がった経緯は?

きっかけはアメリカ

1963年:アメリカNYタイムズがグルメ欄に「日本食がNYのトレンド」という記事を掲載

1970年代:ハリウッドスターがこぞって寿司屋に通い、健康ブームがさらに後押し

1980年代:テレビドラマをきっかけに日本食だけではなく、日本文化への興味を示す人が増加

2015年:日本的な寿司の調理技術等を評価する「GLOBAL SUSHI CHALLENGE」が開催され、日本食への認知度が向上

■海外で広がる日本食ブーム

年々増加中!

中でもアジア、北米エリアの店舗数が多く、全米ではカリフォルニア州が最も多くなっています。
日系人が昔から多く住んでいる地域に多い傾向が見られます。

出典:農林水産省Webサイト
https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/attach/pdf/191213-1.pdf

■海外のSushiといえばこれ!

カリフォルニアロール

・海苔は内側
・具材は海老、アボカド、レタスなどさまざま
・表面にはとびこやごま

画像の「アボカド&サーモンのロール寿司」のレシピはこちら

誕生の起源は2つ

❶【カリフォルニア・ロサンゼルス発祥】
リトルトーキョーの東京會舘にて、海苔を気味悪がって剥がすお客様が多かったため。


❷【バンクーバー発祥】
日本料理店「Tojo’ s」にて生魚が苦手な北米人向けに考案されたメニュー。カリフォルニアからのお客様が好んだことが由来。

■今回の舞台は... バンクーバー

カナダ西海岸にある港湾都市で、トロント、モントリオールに次ぐカナダ第3の都市。
アジア系をはじめとする多くの移民が生活しているため、様々な文化を日常から感じることができます。
港湾都市であるためシーフードも豊富です。アジア系の食材も手に入りやすいこともあり、バンクーバーには寿司などの様々な日本食レストランが存在しています。

注目メニュー

バンクーバーで実際に発売されているメニューをご紹介。現地で撮影しました!

World Sushi Letter vol.1 バンクーバー編

《 世界で愛される人気寿司を再現!メニュー集 》

カリフォルニアロール にんじんフライのせ

千切りにんじんのフライをのせることで華やかな見た目に。 インパクト抜群の見た目に心を奪われます!
ハワイアンポキソースを使用。

ハワイアンポキソース

寿司ピザ スパイシーソース

フライにした酢飯にサーモンとアボカドをトッピング。 酢飯を揚げてピザ風にしたハイブリット寿司です!
クリーミープレーンドレッシングを使用。

クリーミープレーンドレッシング

ベジタブルカリフォルニアロール

玄米の酢飯にさつまいも天とマンゴーを巻き込みました。 野菜とフルーツだけなのに驚きの満足感!
アボカドフィリングを使用。

アボカドフィリング

フラワー寿司 メープルマヨソース

メープルマヨソースのあまじょっぱ味がやみつきに。 スモークサーモンの赤を活かして花の形に盛り付けて!
グローバルマヨネーズを使用。

グローバルマヨネーズ

~ おすすめ商品のご紹介 ~

グローバルマヨネーズ
(1kg/本)
きめ細かいなめらかな口あたりと卵の風味をいかした味わいで、素材の美味しさを引き立てます。小麦アレルゲンを含みません。
ケンコーマヨネーズ プレーンタイプ
(1kg/本)
軽い口あたりの全卵型のマヨネーズ。塩味、甘味、酸味のバランスが良く、さっぱりとした味わいです。
ケンコーマヨネーズ レストランの味
(500g/本)
酸味と塩味をバランス良く整えた、風味豊かなコクのある卵黄型のマヨネーズです。