マヨネーズの健康にいいお話

「カロリーが高そう」と思われがちなマヨネーズですが
上手に使うことで、カロリーを抑えたり、減塩メニューとしても活用できることをご存じですか?
ここでは、マヨネーズの健康にいいお話をご紹介します!

同量の油よりカロリーが低い!

マヨネーズとサラダ油のカロリーを比べると
マヨネーズが10g当たり約67kcal(卵黄タイプの場合)に対し
サラダ油は10g当たり約92kcal。
同量ならば、純粋な油よりも酢や卵が入る分マヨネーズの方がカロリーが低くなります。

炒め油の代わりにマヨネーズを使えば
カロリーを抑えられるだけでなく
味付けとしても役立ち、一石二鳥!
調理方法によっては、マヨネーズを使うことで
低カロリーに仕上がるのです。

マヨネーズを使った
「炒める」レシピはこちらから!

→レシピをみる

実は塩分が少ない!

マヨネーズの塩分は、100g当たり約2.3g(卵黄タイプの場合)。
しょうゆは100g当たり約14.5g
ウスターソースは約8.4g
麺つゆやトマトケチャップは約3.3gですので
一般的な他の調味料と比較すると、塩分が低いことが分かります。
ジャンキーなイメージを持たれがちなマヨネーズですが
実は減塩メニューの調味料としても活用できるのです。

保存料・防腐剤不使用

卵を使用しているのに、常温で数ヶ月保存可能なマヨネーズ。
防腐剤が入っているのでは?と思う方もいるかもしれませんが
マヨネーズには基本的に防腐剤・保存料などの添加物は使用されません。

マヨネーズの保存性の秘密は酢と食塩による殺菌効果。
おいしいまま長期保存が可能で
絶妙なバランスでつくられたナチュラル素材の調味料なのです。

マヨネーズのことを知ってもらえたかな?
上手に料理に使ってみてね!

プロのマヨネーズ活用術TOPに戻る

まよにぃ」はケンコーマヨネーズ株式会社のマヨネーズPRキャラクターです。