原料・成分・アレルギーに関するQ&A原料・成分・アレルギーに関するQ&A

質問

マヨネーズの原材料は何ですか。

回答 ケンコーマヨネーズ レストランの味の原料構成は、植物油が約70%、その他の約30%が卵黄・醸造酢・調味料などです。
マヨネーズに使用できる原材料は、食品表示法の食品表示基準で厳密に決められていますので、着色料、保存料などは使用できません。

質問

コレステロールが気になります。マヨネーズのコレステロール量はどのくらいですか。

回答 ケンコーマヨネーズ レストランの味の1回平均使用量15gあたりのコレステロール含有量は約35㎎です。
コレステロールは脂質の一種で、人が生きていくうえで、必須の役割を果たす物質です。人は1日に100~400mgのコレステロールを食物から摂取しています。それ以外に体内でもコレステロールをつくっており、その量は食べ物から摂取する量の約4倍にあたります。マヨネーズに含まれるコレステロール量は、1日に人が必要としているコレステロール総量からしてみればわずかなものと言えます。

質問

商品のアレルギー情報を知りたいのですが。

回答 アレルギー情報については、各商品の詳細ページからご確認いただけます。

※本サイトにおけるアレルギー情報は、食品表示基準で表示義務のある7品目(卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに)と表示が推奨されている21品目(アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、バナナ)について掲載しています。
商品パッケージにおけるアーモンドのアレルギー表示は、順次対応してまいります。

質問

卵アレルギーですが、加熱した卵であれば食べられます。マヨネーズやドレッシングに入っている卵は加熱してありますか?

回答 生卵と同等の扱いになります。マヨネーズやドレッシングに使用している卵は、低温殺菌しておりますが、卵が凝固するほどの加熱ではありません。

質問

妊娠中で、リステリア菌が心配です。チーズが入ったケンコーマヨネーズの商品を食べても大丈夫ですか?

回答 リステリア菌は加熱により殺菌できます。チーズが入った弊社の商品は、製造工程にて加熱殺菌をするか、加熱されたチーズを使用しておりますので、安心してお召し上がりください。

質問

ファッションデリカフーズ ポテトサラダについて、殺菌剤のようなものを使っておりますか?

回答 製造工程の段階で加熱殺菌をしておりますので、殺菌剤等は使用しておりません。

※「ファッションデリカフーズ」はケンコーマヨネーズ株式会社の登録商標です。
お問い合わせに戻る